noteでやってる

さて4月も終わり、この1ヶ月ママが何をしていたか
概ね喋ってきたんだけど
まだ言っていないことがある。

全部喋ったら24時間かかっちゃうもんね、ぼくだってかいつまむよ。

淡々とやっていたんだけど
いつしかパパもそれがママの仕事と認めるようになって
自宅待機が始まっても邪魔せず
どうぞどうぞ、お仕事してて、と言うようになった。

毎日やっている事をお仕事と呼ぶのかもね。
収入とは関係なく。

ママは記事を書いていたんだよ。もう30日分になった。

会って触ることができない分、
伝えることで何とかできないかな、って。

『切り替える時がきましたよ』-noteマガジン-

「これは体調を良くする方法論とは違うんだけど
 この状況下じゃこれまでの先入観は捨てなきゃやれないぞ、というものなんだけど」

なにそれ。難しいよ。
ぼくが知ってる限り、先入観って無意識でしょ?

「そうそう。当たり前と呼ばれるものだけど
 当たり前なんて当たり前じゃなかった、って時期に入っちゃったからね。
 信じたくないけど」

信じたくないのに信じるの?
へんなの。

知ってますよ、そう思うのは、だから第二章だ、と言って
これも書きだした。

『整体師がやって来たこと』-noteマガジン-

「体験談って読む気がするし。
 私だって、良い事ばかりじゃないけど悪い事ばかりでもない、という話だ。
 懺悔とも言うけど」

ふぅん。ぼくも読もうかな。

画面の後ろにいたら読めないでしょ、あ、読む気ないな、もう、邪魔しないでよ
と言ってママはまたパチパチとキーボードを叩き始めた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 夕焼け

  2. 秋を感じる

  3. 寒くても晴れていれば

  4. さぁ、つぎつぎ

  5. 北海道にはかなわないらしい

  6. ぼくが奪ってしまった彼らの運命

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)