6月から始まったONLINE整体です。

実際に来院している時と、話している内容は変わらないのだけど
お互いに映像を見ながら話ができるのがONLINE整体の良いところだな、と思っています。

お店に来ている時はベッドの上にいるので
あれこれ説明しても実際の動作を私も確認できないんですよね。

でもONLINE整体だとお互いに確認できる。
「ちょっとやってみて」と言うとやって見せてくれる。
これがやりたかった(≧▽≦)

「自宅での座り仕事が増えて首が痛くなった。
 リビングでやっているから机と椅子が合わないのかも」
と言う話が出ました。

お店で聞いたら私が首を揉んでほぐしておしまい、なのですが
ONLINE整体だと「どうしたら自分で改善できるか」をやることになります。

首が痛い仕事姿勢を再現してもらいました。

これは自分で見ることのできない姿です。
私もベッドに上がってもらってるときは見れない姿勢です。

これでは首は痛いですね。
頭は重たいから。
この時に顎を引く人が多いのですが
彼女の場合は胸骨がずいぶん内に入ってしまっています。
これでは呼吸も浅くなる。

「腹式呼吸じゃなくて、胸で息をしてみて。
 肺にガバっと吸い込む感じで
 胸を膨らまして」
それを3回くらいやってもらいました。

そうすると、胸骨が斜め上を向いてきます。
そうすると、頭はバランスのいい位置に落ち着きます。

呼吸の仕方を変えてもらった後。

わざとみたいでしょ?サクラじゃないんですよ。
この時点では本人は何が変わったのか分かりません。
姿勢を変えた、という意識はありません。
でも映像で見ると明らかに違う。
これを標準にして欲しい。

姿勢を直したのではなく、呼吸をしてもらった。
顎を引くのではなく、胸骨がリセットされるようにした。

それだけなんですけどね、映像を見ないとお互い分からない。

これはほぐして治すことではなくて、自分の身体の使い方を変えることです。
それで首の痛みは治まってきます。
胸骨がリセットされる呼吸の仕方をしてないと
首をほぐしてもまた痛くなります。
施術中に説明したとしても
ほぐれることで痛みが収まると
胸骨のリセットを忘れます。
そしてまた痛くなる。
この前言ったのに、と私に怒られる。
でも映像を見て自分で痛い時に自覚すると
身体が理解して無意識にやれるようになる。

肩がコル・首が痛い・腰が痛いと思う時に
姿勢が悪い・枕が合わない・机と椅子が合わないと言う訳でなく
呼吸が浅かった、という事があります。
それは、呼吸が浅くて酸欠で頭が痛い、に繋がっていくので
まずは胸で息をしてください。

布団に入って横になってからでもできるからね。

これでリビングの机と椅子を買い替えなくていい(≧▽≦)
リセットする癖をつけて置けば、悪いと言われる姿勢をしても良いと思うんです。
要は溜めない事。リセットを癖にするには無理なくできることからです。呼吸呼吸。

と言う事で、ONLINE整体後、ビフォー・アフターの写真を送りました。
ぎゃー、なにこれー、と言っていましたが喜んでもらえたようです。

やってみたい方はメールにてご予約ください。
施術中などはPCが見れないので、余裕を持ったご予約をお願いします。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動