『人生50年』だった時代から『人生100年』の時代になったと言われているけれど
寿命が延びたのは
食材の供給量が増えた事と
衛生面の向上のお陰で
もともとは50年で設計された身体なんだろうな、と思っています。


去年の営業自粛期間に『老いる自分を許してあげる』という本を読んでいました。

辛辣よ(≧▽≦)
でも事実(≧▽≦)

50年までは、それほどマメにケアしなくても自己回復が追い付く。
50年過ぎたら、マメにケアしないと自己回復だけでは足りなくなる。

これはやっぱり意識しておいた方がいいです。
ほったらかしてて100年生きるわけではない、という事です。

てあて屋には50歳以上の人も多くみえていますが
てあて屋に来ているくらいなので
自分をほったらかしていません。

小まめに修正をしています。


「お金がないからそんなにマメに通えない」
なんて声はよく聞くけれど、もう一度人生設計してみてね。

50年生きる前と
50年生きた後では
生き方を変えないと。

50歳を過ぎてやりたいことがある人は
ケアはマストになってきます。
でも計画にケアが入っていない人も多いです。

会社を経営している人や、まだ子供が小さい人は
50歳を過ぎてからも長い時間元気でいたい、と
気を引き締めているよ。


ドブに捨てているお金はないですか?
まずはそこの見直しを。

私の夫は来年50歳になるのだけど
やっぱり30代の時と身体が変わってきたなぁと思っています。
もちろん自分もです。
私もあと3年で50歳になるので、今から気を付けています。
40歳過ぎてからよく寝てるのもそれです。

このブログでは、自分でできることを書いています。
自分でできることは、お金がかからないからね。
まずはそこからやってみてください。

そこが出来れば人生100年になるかもよ(≧▽≦)

自分では手が回らない所まで来ちゃった人は、てあて屋まで来てね。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動