2年間、3本指靴下を履き続けた足です。

彼女は長い事、てあて屋に来てくれているのですが
3本指靴下を導入し始めた2017年からトライしてくれました。

でも最初は苦しいし、可愛くないし、特に変化も感じないし、履いたり履かなかったりだったんですよね。
毎日履くには4足くらい持ってないと、洗濯が間に合わないのだけど
効果を感じるまで時間がかかるのはわかっていたので
気に入ったら追加してください、って感じで1足からのスタートでした。

やっぱり1足じゃ実感もないから、もう少し増やそうかな、と
1足づつ追加して、週に4日は履いています、という状態になりました。

じわじわと増やしていったんですよ。
だからいつがスタートかと聞かれると2人で首を傾げちゃうくらい、
ゆるく始めました。

そして最初の変化は『冬場に足が攣らなくなった』でした。

毎年冬になると、てあて屋のベッドから、きゃー、という悲鳴が聞こえたものです。
うつ伏せになった時にそれは発生します。『指を伸ばした時』です。

つまりは『指を挙げているのが通常で、滅多に指を下ろさないのに
うつ伏せになったときに指を立てていると私に下ろさせられちゃうので、攣った』という事。

3本指靴下を履いて、指を挙げている時間が減って、
指を伸ばしているのが日常になってきた。
冬になって、寒くなって、筋肉に力が入ることが増えても
上げる必要のない指を下ろしている毎日に変わったから、攣らなくなった。

なんたる穏やかな変化(≧▽≦)

おや?そう言えば今年は攣らないですね、って感じでした。

そしてある日「歯を磨いている時に、無意識で足の指を上げてた」という事に本人も気が付きます。
何故だぁ~!と感じたんじゃないかな。
必要もないのに勝手に指を上げていた!無意識だった!
これに気が付くと雷に打たれたように、無意識が理解をする、と私は思っている(≧▽≦)
そこから急速に変化を実感するようになってきます。

「ドラえもんの足みたいに一塊の指だったのに、分かれてきた!!」

おぉぉ~(≧▽≦)

そこに喜びを感じてもらえるのは嬉しい。
だって、それが第1歩だから。

満足気な彼女に次の試練を伝えるべく「グーにしてみてください」と言いました。


グー。

この状態まで曲がるという事は、床に置いたタオルを摘まめます。
タオルギャザーという体操も充分できます。
指の握力が出てきている、という事です。

だかしかし。まだ逆アーチです。
グーにした時にコブシが出てこないとアーチは作れません。

これくらいまで行きます。

アーチがあると、地面に足が接地した時に衝撃を緩衝してくれるんです。

ヒールのある靴を履いていた時期が、長くあったことも知っています。
「さすがにそこまでは、無理だよ~」なんて言っていましたが
大丈夫、充分変わってきました。もっと変わります(≧▽≦)続けてね。

ヒールのあるパンプスに足が矯正されてしまったのなら
逆の矯正として3本指靴下を履いておくことをお勧めします。

変わらない物なんてないなぁ、と思っているんです。
諦めたら、変わらない。
無理しなきゃいけないなら、続かない。

靴下を3本指に変えておくだけ。まずこれから。
おや?何か変わってきた気がする、
と思ったら、つま先立ちで30秒、片足立ちで30秒、と
自発的にやれることを、無理なくできることを、始めてみる。

それが時間がかかるようで、実は一番安全で手っ取り早い方法だ、と
私は思っています。

この冬、始めてみようかな、と思う方はご相談ください。
『オンライン整体』から聞いてもらえると、ちゃんと時間を取ってお話しできます。

只今絶賛年末中で立て込んでいます。
お電話でのご質問に答えられないので、ご予約をお願いします。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動