「なんで3本指靴下なの?5本指靴下じゃダメなの?」

良く聞かれます。
『5本指靴下がダメ』と言うのではなく、『この3本指靴下がすごくいい』んです。

まず、テーピングの位置と圧がすごくいい。

この3本指靴下は2本のテーピング加工がしてあります。

甲の部分をぐるっとテーピング加工がしてあるのですが
親指と小指を開かせる重要な位置を押さえています。
親指の根元・小指の根元、を抑えると
梃子の原理で親指・小指が外に向かって開くんです。


ここが押されると


親指が外に開く。


ここが押されると


小指が外に開く。

「小指の根元ってそんな下?」と思うでしょうが、ここには歩くたびに次のような力がかかっています。
親指の側面にタコができている人は要注意です。

1歩地面を蹴るたびに、親指の側面に青い矢印の力がかかります。
てこの原理が働き親指の根元が外へと向かいます。
関節が外れないように、支点となって力を逃がします。
作用点となる場所に小指の中足骨があり、そこが外に押されます。
小指の先は内側に入っていきます。

だから小指が内側に入らないように抑える場所はここになります。

歩いたことによりかかる梃子に負けないように
指先を開かせる梃子の原理を活用したのが
テーピング加工をした、この3本指靴下です。

青い矢印の部分。

オレンジの矢印方向に指先が開く。

履いただけでもやや開くのですが、
歩いて地面に足の裏が付いたときに、さらに開きます。

3本指靴下を履いていなくて、床から浮いている状態の私の足。

指と指の隙間があまりないです。

床に着いたとき。

指と指の隙間が空いています。

3本指靴下を履いて、床から浮いている状態の私の足。

テーピング加工のお陰で、親指と人差し指の隙間が空いています。

床に着いたとき。

親指も小指も外に開いています。

袋型靴下だと、こうはいかない。
テーピング加工の無い5本指靴下だと、こうはいかない。
見た目には小さな違いだけど、小さな違いの積み重ねが将来大きな違いになってきます。
ただ履いて歩いているだけで、この動きを自分の足が勝手にしてくれます。
勝手にやってくれながら、勝手に育っていく。無意識筋トレです。

3本指靴下もテーピングも知らなかった頃の私のフットプリント。

これは紙の上に乗っかって押し付けたプリントではなくて
歩きながら紙を踏んで、片足ずつプリントしたものです。
ギュウギュウ押し付けて撮ったものではありません。
だから薄い。弱々しい。
地面を大して掴まずに、滑るように歩いている感じです。

3本指靴下を履いてテーピングもして3年過ぎた私のフットプリント。

大地を踏みしめて歩いている、力強い感じ。
3年前と同様に、ただ歩いて紙を踏んだだけです。

親指と小指が開いた状態で地面に足の裏が着くと
人差し指・中指・薬指が前に伸びる。
結果、5本の指全部が地面に着く。
5本の指が付いた状態で全体重が足の裏に乗って来る。
体重をバランスよく支えることができている。

体重がかかって、支えることができるために
3本指靴下には小さな工夫が沢山されいます。

親指と人差し指を側面から見ると、隙間が空いたり閉じたりできるように縫合されています。
指が床に着いたときは、浮いている時よりも体重圧で潰されるからです。
潰されたり戻ったりをスムーズにできるように遊びが作られています。

小指の布の裁断・縫合方法も特殊で、
小指が左右に動きやすくなっています。

表側の縫い目。

裏側の縫い目。

小指の握力が無かったり、小指が動かなかったりすると
脱げるように設計されています。
履き続けると脱げなくなるんですよ。
小指の握力が付いて。

指先には縫い目はありません。

足の甲にアーチがあることも、衝撃を吸収するためにもちろん大事ですが
アーチだけじゃ足りていなかった。
アーチだけ作っても指は開かない。
指が開かなければ、指を使って歩けない。
指を使って歩けなければ、指の握力は落ちる一方です。
そして指が浮いて地面に着かなくなり、踵で歩くようになる。
膝や股関節に負担がかかって痛くなる。
上半身が力むようになって、首や肩が痛くなる。

この3本指靴下を履いていると
テーピング加工の梃子の原理によって
親指と小指が外に開く。
人差し指と中指・薬指が前に伸びてくる。
体重を足の裏全体で(踵だけでなく指まで)支えて歩くようになる。
関節に負担がかからなくなる。
上半身の力みは抜けてくる。

5本指の靴下じゃダメ、という訳ではなく、
同じように作られていて、指先が5本に分かれているのなら、良いと思うんです。
でも、私も探しましたけど、なかったです。
今後どこかで出るかもしれないけど
この3本指靴下は特許が取られています。

袋型靴下や5本指靴下は今までの人生で履いてきています。
それで弱々しいフットプリントです。
この3本指靴下に替えて、力強いフットプリントに変わったのは事実。

5本指靴下も、足の指の間の汗が吸えるとか、水虫にいいとか、足が臭くなくなったとか
色々良いところはあると思う。

でも親指と小指が開くように設計されているのは
この3本指靴下だけなんですよね。

足の指が開くことで関節の負担も、慢性的な痛みも消えていく。

だから5本指靴下ではなくてこの3本指靴下を私は履いています。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動