昨日は午前中お休みを頂いて、ハンギングバスケット研修会をしていました。

作り手の皆さんも黙々と作業をしてくれて
丸でカニを食べているかのような真剣さでした。

ニチニチソウはカラフルで
出来上がりも可愛いし、目を引くのだけど
目を引かない作業があってこその良さだったりします。


室内で作業をしたので
ブルーシートを敷いたけれど
その下に土がこぼれて、踏んで、張り付いたのを
ゴシゴシ雑巾で落としてくれている。


床に敷き詰めたブルーシートを何枚も畳んでくれている。

作る作業だけが大変なんじゃなくて
会場の設営や、出来上がったバスケットの移動や
ゴミをまとめるとか
形として残らず目に見えない作業の方が実は大変。

それがあって初めて、ハンギングバスケットが可愛くなります。


スタンドの入荷が遅れて、搬入までフェンスに仮置きの12台。
圧巻だけど、これを1つずつ針金で括りつける大変さ。
入荷したら外してそれぞれの設置場所に移動する地味さ。

でも、地味な大変さがあって初めて、光が当たる。

健康を保つのも、地味なことができてこそです。
いつも元気な人は、地味なことをやっています。
色々地味地味やっていきましょう。

てあて屋に来た時は、通りの花たちを見て
陰の努力を感じてくれたら嬉しいです。

てあて屋に来て、改善していった人達の陰の努力を
私は日々感じています(≧▽≦)凄いね、って。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動