ギックリ腰経験者に多いのだけど
「もう2度となりたくない」と思って
重いものは持たない、なるべく動かない、
としていて、慢性腰痛になることがあります。

「ずっと痛いけど、ギックリまではまだなっていない」
と思って、でも時期になる、と怯えている。

これは『恐怖回避思考』と言って
悪循環の元になっています。

脳が痛みに敏感になっちゃうの。

痛い、って感覚だからね。
自分で減少も増加もできる。

これを『トラウマ』と言います。


フラッシュバックするあの痛み。

ギックリ腰になった時、ホントに辛かったんだね。
もう2度と嫌なんだね。
じゃぁ、もう2度とならないようにしよう。

これは『○○をしているからもう大丈夫』って思う事を
繰り返して、自信をつけるのがいいです。

体操とか筋トレがこれに当たります。

もちろん、筋肉がつくことで補強してくれたり
体操をすることで筋肉が柔らかくなったりするので
『もう大丈夫』になって行きます。

でも「そんなことしたって、またなる」と思っていると
本当にまたなります。

まずは納得するまでやってみることです。

恐怖は回避しても追いかけて来るヨ。
克服が良いヨ。

やりもしないで諦めてると、終わりません。

先日も「腰が痛い」と言ってやって来た人が居たのだけど
「大丈夫。腰自体に問題はないよ」
と伝えたら痛みは取れて、
「恥ずかしいです」と真っ赤になっていました。
本人も自覚したんです。
「また痛くなったらどうしよう、って先に思っていた」って。

トラウマは1人じゃ克服が難しい。
一緒に確認してくれる人が必要なので
恥ずかしくもなんともないです。

「あれもこれもそれもやったのだから
 もう大丈夫だよ」って整体師が言うと
痛みが取れたりする。

不思議でもプラシーボでもない。
恐怖回避を止めて、現実を理解したからです。

そんな治り方もあります(≧▽≦)

慢性腰痛の人は、1度相談してね。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動