先日、右手の小指を突き指しました。

階段で走っていて、つまずいて
立ち上がり部分に手を突っ込んだ時に
小指だけ伸ばしたままだったんです。

ぎゃぁ
となったのですが、出先で
3分後に打ち合わせ開始だったので
どうすることもできない、
訳ではない!と指の根元をグッと押さえながら
打ち合わせを過ごしました。

突き指や捻挫は初動が大事です。
如何に腫れさせないかで
回復の期間が短く済みます。

『冷却・圧迫・固定』が大事。

5分ほどの打ち合わせだったので
終了後、水道で小指をギンギンに冷やしました。
朝早かったので薬局は開いていません。
でも大丈夫。
絆創膏を持っていました。

絆創膏は傷口だけに使うのではなく
テープ部分でテーピングの役目もできます。


3枚使って、グッと圧迫。


第1関節が曲がらないように固定。

これだけで、痛みはずいぶん抑えられます。

痛みは炎症が起きると出ますが
腫れると炎症は大きくなります。
目いっぱい腫れると圧迫が出来なくなります。

怪我なので多少の炎症は起きますが
むやみに腫れさせないことが、大難を小難にするコツです。

関節部分はどうしても動いてしまうので
サッサと固定します。
動かしづらいですが、長引くよりましです。

私はこれで、普通に施術が出来ています。

小指だけで幸いだったのだけど。

年末年始は医療機関も薬局もお休みです。
特に湿布も塗り薬も飲み薬もいらない方法なので
覚えておくと、もしもの時に役に立ちます。

頭の片隅にメモしておいてね(≧▽≦)




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動