「霧吹きを長時間使っていたら腕が痛くなった」と言う人が
てあて屋に来ました。

「体操もしてるし、定期的にケアに来てるのに、なんで?」
と聞かれました。

それはね、許容範囲を超えたからです。


コップには水を入れておくことが出来るけど


入れ過ぎれば溢れる。
溢れたからと言って、水を入れられない物、ではない。

「昔は同じことしても、何ともなかったのに」
なんて、思うかもしれないけれど
昔は回復が早かったのだと思う。

今は回復に時間がかかっているだけで
回復しない訳ではないです。

現に、ほぐしたら痛みは取れました。

なので、てあて屋では
「もう霧吹き使わないでね」
とは言わず
「回復に時間がかかるけど
 回復するから続ければ?」
と言います。
「でも、回復する前にまた霧吹きすると
 過労になって、炎症になって、長引くから
 回復してからね」
と付け足します。

「あーあ、歳ねぇ」なんて彼女はガッカリしていたけれど
ガッカリしないで(≧▽≦)誰しもそうです。

水を入れるコップは、どうしても年々小さくなります。
でも、水が入らない訳じゃない。

使い方次第です。

漂白剤に浸けて、クレンザーで磨いて
コップをピカピカにしても
容積が増える訳じゃない。

でも何度も減らせば、何度も入れられます。

回数が増えるのが手間だけど
その手間は惜しまない方が良いよ。

小まめにケアをお勧めするのは
それが理由でした。

回復すればまた出来る。
回復の速度を上げるには
身体の中の流れを良くすること。

それが整体院でやっていることです。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動