「硫化マグネシウムを4日も飲んでるのに、出ないの」
と相談を受けました。

そう。便秘です。


「なんで出ないのかしら。水もいっぱい飲んでるのに」

出ないって辛いんですよね。
お腹は張るし、食欲も出ないし
身体は重くなるし。

物理的に重りがお腹に入ったままなので、
身体が重たく感じるのは当然です。

それなのに、3食なんだか食べています。
食欲は無くても、食べています。

うーん。
出ないのに入れ続けるとは。
内臓が可哀そうだな、と整体師は思う。


「次から次から仕事が来て、もう疲れちゃったよ。排出の仕事、誰かやってよ」
と、大腸は思っている。

お腹の整体をしてみると、案の定、うんともすんとも言いません。
通常、整体師が触れば大腸は音を立てます。
あぁ、ストライキだな、と思いました。

大腸は概ねハテナの形でお腹の中に居て、
右わき腹下から上に向かって食べたものが進んで行き
肋骨の下あたりで右から左に進み
左わき腹上から下に向かって食べたものを進めていき
最後に肛門から外に出します。


案外この絵を見たことがない人も居ます。
大腸がどこに居るのか知らない人も居る。
内臓って表から見えないからね。

でもこの道のりを知らないと、自分でマッサージするときに
逆回りを促していることがあるんです。

彼女もそうで、
「自分でもお腹のマッサージしてるの」
と言って見せてくれたのですが、
あまり効果的な物ではありませんでした。

チョンチョンチョンとお腹を突っつくやり方だったり。

それでは、脂肪にしか刺激はいかない(≧▽≦)

ようやく大腸が音を立ててくれるところまできたので
「今日の晩と明日の朝は食事抜きにしてね。
 大腸もお休みが欲しかったみたいよ」
と告げると、果物はいい?と聞かれました。

大腸に休みを上げろと言ってるじゃないか!
と怒りました。気持ちはわかるけど(≧▽≦)

2食くらい食事を抜いても死にません。
これはホント。

内臓を休める=食べ物を入れない、なんだけど
これを怖がる人は、ものすごく多いです。

今は『月曜断食』や『ファスティング』や『16時間食事をしないでオートファジーを機能させる』とか
普通にやっている人も多いけれど
まだまだ3食信仰は根強いです。

人間も8時間労働を勧めてるでしょ?
それは健全・健康のためだったりするでしょ?
内臓も8時間労働と思うと良いかも。
20時間労働させてないかな?と思ってください。
させてると残業代として、あとで医療費がかかることになるよ、きっと。
肛門から指を入れて穿り出す看護師さんの身にもなろうよ。

なんて話が昨日もお店でありました。昨日だけに限らず、頻繁にしてる話です。
以前『オートファジーを働かせるには』にも書いているのでご参照ください。

ちょうど今日から土用期間です。
養生期と思って、内臓を過労から救ってあげてね。
食べるのを止めるのは、本人にしかできないから(≧▽≦)




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動