台湾でマッサージを受ける修行にでました。やっぱり痛かった。

またも台湾に行って来ました。その1マッサージ編

2018年4月、初めて台湾に行ったのですが、同年10月にまたも行ってました。
それは整体の仕事をしている私にとって『大変勉強になる』からです。
そして今回もとても勉強になりました(≧▽≦)

ガンガン受けまくるぞ!と言っても身体は一つ、時間も限られます。
そして台湾のマッサージはとにかく強い。
強弱は調整してくれますが、デフォルトでどれくらいかを知るために私は特に指定しません。
何も言わなければ、とても痛い。
日本の温泉宿で指圧を頼むと、これくらいの圧です。
リラクゼーションだと思ってはいけません。

今回は9人で来ていまして、突然の予約でその人数を受け入れ可能か、とか。
日本の場合はちょっと厳しい。
でも台湾は施術者がとにかくいっぱいいる。

さぁどうだ(≧▽≦)

18時半ごろに連絡を入れました。
『活泉足體養身世介Life Energy』
前回もこちらにお邪魔しています。

Lineで予約も取れるので、地下鉄の中から一報入れてみました。
5分後くらいに9人で行きますよ、という無茶ぶりなのに快くOKの返事が来ました。

日曜の夜ということもあってか、大賑わいです。
足つぼ40分+全身マッサージ60分で1390元のコースをお願いし、
待たされるかな、と思っていると、さっと二階に案内されます。

ベッド一台をカーテンで仕切って更衣室になるシステムです。

相変わらず、けっこう強めです。
前日までの疲れが首肩に出ていたので、そしてそれもバッチリばれて
ゴリゴリやられます。
うーん、私はこんなに痛い事を世の中の皆様にやっているのね、と
またもや反省しちゃう(≧▽≦)

ここは安定した技術力なので、特に説明をしなくても的確に突いてくれます。
でも思い切り固まって来ると、次の日揉み返しますね、絶対。
悪くないけど旅の途中ではきついですから。
台湾在住の人は良いと思う(≧▽≦)

全身を終えて、1階に案内され、足湯へ。

その間に足つぼを受けていた前のお客さんは2階に上がったりお会計したり。
スムーズに移動しています。
同線がいいな、ちゃんと誘導ができているな、と感心します。

足湯に入っている間に、肩と首もほぐしてくれて、
さてソファに移動です。

涼しい顔して受けていたのに

カメラのシャッターを切る瞬間に強揉みされました。

おい!こら!今わざと強くしたでしょ!と文句を言っています。

クスリと笑ったのち、しれっとしています。

くるぶし周りって、普通に痛いんですよ。
ちくしょー
やられたー
同業者だぞー

なんて、観光で来て、台湾の足つぼを体験したい人にはとてもいいお店です。
施術技術も良いし、接客も良いし、オーナーも親切だし、日本語も通じるスタッフがいるし
写真も撮ってくれるし、足つぼマッサージを受けた感満載だし
始めて台湾に来てマッサージを受けるなら、絶対おすすめ。

翌日、日中は台北市内観光ツアーに出まして
夕方から私だけ別行動で修行に向かいます。

ツアーの添乗員さんが、絶対おすすめだ、私もここに行ってる、
上手い人紹介する、車で迎えに来てくれるから、と熱心に進めてくれるので
そういう勧めに乘ってマッサージを受けるとどうなるのか、やってみました。

豪門世家理容店

90分全身マッサージ 1500元 というコースをお願いしました。

施術者の技術は、良かったですよ。
エステで受けるマッサージと混ぜている感じです。
お店の名前からしてそうですもの。
仰向けの手技が多いのはそのためだと思う。
蒸しタオルで首肩を温めてくれる感じとか。
すごいね、それ、と思ったのが
施術者の尺骨を、お客さんの上腕骨にクロスする形で上腕三頭筋をゴリゴリする(@0@)
施術者の尺骨を、お客さんの脛骨にクロスする形で前脛骨筋をゴリゴリする(@0@)
それは痛かろうと思ってあたしだってやりたくてもやらないのに!
やっちゃうんだ!
痣になるからな!明日!

と言う感じでリラクゼーション&台湾マッサージを体感できるお店でした。

そして凄い志村けんがいっぱい。

いっぱい

いっぱい

いっぱい


いいの?

150席あって、施術者も120人以上いて、出張もバンバン出ていて
ホテルまでの送迎もお客さん一人でもやってて
オプションの売り込みもすごいし、24時間だし
えげつなく感じるかもしれないけど
なりふり構わず一生懸命やってる。
技術が悪くないからできる営業活動だな、と思いました。

どの部屋で何をしているか、これで管理してて
あちこちカメラも回ってて
大型店の大変さを見た気がします。
繁華街、という街の特色もあるかもしれません。

廊下は絨毯。

ベッドメイクもテキパキ。
ホテルみたいですね。強引だけど。

旅を満喫したくて、日中あちこち行って、スケジュールいっぱいで
夜中しか時間がないの、というとき良いですよ。
送迎もあるし。
他のお店に比べて高いけど、色々費用がかかっています、という事です。

さて、はしごをしまして二件目。

千里行足體養生會館

リラクゼーションな佇まいです。

立地的にも落ち着いた雰囲気の街だからでしょうか。

足のマッサージ 40分 660元 というコースをお願いしました。
なかなか混んでいます。

でも席がとても沢山あります。
本当に台湾は施術者が沢山いるんだなぁと思います。

足湯も各ソファに併設されています。

ここでお湯張り&排出もできる設計です。

移動なくそのまま施術に入ります。

受付もそうでしたが、あまり日本語が通じない。

でもとても丁寧。
そして清潔。

ここは台湾の人が沢山来ていました。
日本人ばかりの観光用という感じはありません。
だからかツボや反射区ばかりを狙って、という施術ではありません。
つまり、ふくらはぎをしっかりやる、という足マッサージです。
私、ここ、すごく良いなと思いました。
私がやりたいことをやっている。うんうん。これこれ。

足底筋群をしっかりほぐしたのち
膀胱の反射区を使って流し
短・長腓骨筋をほぐし
前脛骨筋をほぐし
長趾伸筋と長母趾伸筋と後脛骨筋と長母趾屈筋かぁ。
からの、ヒラメ筋と腓腹筋かぁ。
これはむくみに良いよねー
足の疲れがズバッと取れるよねー
でも痛いよねー
両足やるのに30分はかかるよねー
足底筋膜炎の人にも良いよねー
下肢静脈瘤の人にも良いかもねー
でももう少し加減しても良いかもねー
と話かけたくなります。

よし、この線でやってみよう。
私のお店の足つぼオプションに導入決定です。

今回は三つのお店を見て来たのですが
立地による雰囲気の違いが入りやすさに繋がっていると思いました。
日本でもそうだけど。

龍山寺駅の近くの商店街では、こんな感じのお店が多かったです。

ローカル感満載(≧▽≦)
技術は受けてこれなかったんだけど
空いてるソファで従業員がくつろいでいるのは駄目だと思う。
どんな業種でも。
でもそれも台湾らしいのかもしれない。
ご飯屋さんも、それでも美味しい、ってとこ多いし。
日本人の『おもてなし』が評価されるのもわかるなぁ。

オフィス街だとこんな感じ。

かわいい(≧▽≦)

以上、マッサージ編でした。




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動