どんなことも早い段階の症状なら
自分で改善できる物がほとんどです。

でも早い段階で
改善しよう、とはならない。

気が付かないとか
辛くなかったとか
私にも覚えがあります。

てあて屋に長く来ている人たちの
来始めをを思い出してみると
「そろそろ、こういうのに行った方が良いと思って」
と言っていました。


未来を見に行って、反省したわけではないけれど。
薄々感じるものがあったのかも。

こういうの、と言ってもらえるという事は
これまで整体業を営んできた
顔も知らない先輩たちのお陰だと思っています。

真面目に症状と向き合って
奇抜な施術ではなく
コツコツと改善に尽力してきた人たちだと思う。

私もそう有ろうと思います。

今現在、てあて屋にも若い人たちが来ていますが
彼らはほとんど、親からのススメ、です。

多少の肩こりを感じてはいても
顕著な症状があるわけではなく
それでも親から見て
「お前もそろそろ、こういうのに行った方が良い」
と、てあて屋に行く事を推してくれました。

そうなると、早い内での改善、が出来るようになります。

早い段階で整体師にうるさく言われるからです。

身体って、悪くなってから治すものじゃない、と思う。
もちろん、悪くなって治さないといけないこともあるけれど
それはもう、自分の手を離れたところの問題になる。

お医者さんの腕が良いとか悪いとか
整体師の腕が良いとか悪いとか。

当たりハズレに賭けるしかなくなります。


潔いけど。
金額が小さい内は、どっちの結果でも笑っていられるけど
全財産賭けちゃうと、笑えなくなる。

人生かかっちゃうと、笑えなくなります。

整体院はどこか悪くないと行かない場所ではないです。
病院はどこか悪くなったら行く場所です。

と言う訳で、来てみてね。
てあて屋、おススメだよ(≧▽≦)ナンチャッテ。




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動