そのうち痛くなるだろうな、と思って見ています反張膝って知っていますか?

街は反張膝で溢れている

整体師は街を歩く人の姿を見ながら、
あぁ、この人はそのうち膝が痛くなるな
とか
腰が悪くなるな
とか、思っています。

そんな風に思われているなんて、嫌ですよね。
でも、気になっちゃうんです。
でも、追いかけて行って名刺渡すのもためらいます。

例えば、立ち姿。
誰かと待ち合わせをしている駅前や
信号待ちの時。

膝が後ろに反り返っている人が、けっこういます。

一見、姿勢がいいように見えますが
これは反張膝、と呼ばれるものです。
膝を曲げるのと反対向きに反っています。

骨と骨の連結部分には『あそび』と呼ばれる余裕が持たされています。
車のハンドルもそうです。
右にハンドルを切るときに、すぐさまタイヤが右に向かないように
少し余裕を持たせています。
そうでないと、少し触れただけで急カーブを取ることになるからです。
関節もそう。
ぴったりとくっついていては、少しの衝撃でも怪我につながります。
なので、多少反りかえるのは、わざとそうなっているのです。

でも、ずっと反りっぱなしだったら?

痛みが出るのは、もっと後

膝が反っているからと言って、すぐに痛みが出るわけではありません。

毎回同じことが繰り返されて、その日が来たら、痛みが出てきます。
その日、とは10年後、20年後、です。

歳をとったら誰でもそうでしょ?

いえいえ。

高齢者でも膝が痛くない人は、沢山います。
この差は、なんでしょう。
整体師から見れば、膝が反りかえり過ぎ、なのです。

ざっくり書いた人体模型図ですが
左の人は、とてもバランスよく立っています。
右の人は、足の指が上がり、踵に重心があり、
膝が反りかえって、その結果、骨盤は大きく前傾し、
背は後ろへ、頭は前へ出ています。
生理的湾曲を大きく上回っています。

これね、洋服を着ていると、一見良い姿勢に見えます。
でもね、膝はけっこう無理してます。

1回、2回、反り返したって、なんともありませんよ。
でもそれを、立つたび、歩くたび、毎日、1年、2年、10年って続けたら。

例えば、輪ゴムを1回、2回、伸ばしてみます。
どってことありません。良く伸びます。
でもそれを100回、1万回、10万回、って伸ばしたら。
切れちゃうんですよ。

手術なの??

そんなに簡単に、切ったり縫ったりしないで欲しい。

大丈夫。

膝を反らせないでくれれば。

立ったり、歩いたりするときに、少しだけ
膝を緩ませるようにしてください。

膝を反り返していることは、無意識でやっています。
ちょっとだけ、気にしてみてください。
電車で吊革につかまっているとき。
信号待ちをしているとき。
レジに並んで待っているとき。
ちょっとだけ、膝を緩ませてください。

きっと、緩むと思います。

と、いうことは、突っ張らせて、反りかえらせていた、ということ。
まだ、痛みは出ていない、という人は、これを気にしていてください。

もう、痛みが出ています

そういう人も、まずは膝を緩ませて生活する習慣をつけてください。
膝を緩ませるだけで、重心は踵からつま先方向へ移動します。
その習慣がついてくれば、自然に膝は反りかえらなくなります。

でもね。習慣ってなかなか抜けない。
それも無意識で行っている習慣だから。

私のお店では、痛みが出ている人には強力なサポーターを使ってもらっています。

7300円(税込み)

着圧タイプではないです。
巻きつけるタイプです。
自然と膝を「く」の字にしてくれます。

指が浮いてしまって、踵に重心が行ってしまって
膝が反りかえってしまっている人も
指が浮いてしまって、踵に重心が行ってしまって
ねじれが膝関節に影響している人も
指が浮いてしまって、踵に重心が行ってしまって
地面からの衝撃が膝にきて変形してしまった人も
3週間~1ヶ月半、毎日これを付けておいて欲しい。

少なくとも、その痛みは半分にはなる。
それを感じたら、もう少し長くつけてみて欲しい。

なんとなく痛いなぁ、と思いながら5年過ごした人は
痛みが消えるまで、その期間の1/5の時間、つまり1年はかかる。
そして、その膝にあわされた上半身のゆがみも、戻っていくまでにギシギシくる。

辛いですよ、一人では。
それも1年間も。

私のお店では、1週間に1回、60分の施術を受けてもらい、
膝だけでなく、その他派生してしまったところもほぐし、
スムーズに移行できるようにしています。
それを1ヶ月。
その後は、変化をみながら決めます。
テーピングも並行してやっていけたら、ベストです。

足首が外に倒れて、膝が痛い、ということもあります。
もちろん、転んだ、ぶつけた、轢かれた、と言う場合は
整形外科の受診も必要。
それはまた、別の話。
だから一度、その痛みはどこから?というのを見せに来て欲しいと思っています。




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動