職業病について思う

時計屋の主人

職業病、と言うのはあります。姿勢が悪い、座りっぱなしで動かない、目を酷使する。でも仕事は続けます。好きだから。私も辞めないで欲しいと思っています。
先ずはオンとオフを使い分けて欲しい。定休日を設ける、作業時間を決める。休憩時間を取る。筋肉は緊張と弛緩を繰り返して使っていくものです。力が入りっぱなしもダメ。抜けっぱなしもダメ。オンとオフを交互に繰り返す。でもこれが中々意識してやるのが難しい。だから、習慣をつけて欲しいと思います。
バスタオルを筒状に丸めて、その上に仰向けで寝ます。バスタオルは縦に置き、その上に背骨が乗るように。万歳をして、だらっと力を抜きます。最初は痛いですよ。伸びないから。自分の腕の重さを重力に引っ張ってもらってください。自分で力を入れて引っ張るストレッチは、必ず力が入ります。それをせず、重力に引っ張ってもらえばいいです。十秒くらいしたら、今度は腕を横に伸ばします。それで、だらっとする。これを三回くらい繰り返してから、眠る。
力が入ったまま眠れば、寝ている間も力が入っています。朝起きて、なんだか疲れた、と思う日は特にそうです。寝る前にリセットしてください。
寝ているときに歯ぎしりをしている人は、日中に入れた力が抜けていないのだと思います。なぜ歯を食いしばるのか。それは姿勢からではなく、衝撃を食い止めようとしているからだと思います。脳を守る、心臓を守る、内臓を守る。そのために筋肉はあるのだな、と思う事がとても多いですよ。まずは歩き方を変えてください。踵からの衝撃を止めてください。衝撃が止まるまでに、踵のパッドを付けたり、マウスピースを付けたりして置いて欲しい。どの角度で衝撃波が来るかで、膝関節が痛んだり、股関節が痛んだり、首が痛んだりしています。
歯ぎしりについて歯医者さんとお話しする機会がありました。歯科業界でも原因は不明だと言います。その時に面白い話も聞きました。歯科学会で、噛み合わせ時にふくらはぎの筋肉の電圧が変わる、という発表があったそうです。つまり、治療をして噛み合わせが変わった場合、脚が攣る事がある、という事です。
私から見て、脚の筋肉の状態は良いのに、なぜこの人の脚は攣るのかな、と思った時がありました。よく話を聞いてみると、歯の治療中でした。その場合は、ほぐせばいいと言うのではなく、歯の治療が終わるまで攣る事はあります、となります。歯の治療の最中は、首肩が痛くなる人も多いです。私から見ると、日常で大きく口を開けることが少ないんだな、と思っています。普段使わない筋肉を使い始めた時は、筋肉疲労が早く起こるものです。