アロマオイルの効能について思う

癒し産業が活発になり、アロマオイルがどこでも手に入るようになりました。デパート・百貨店の入り口などで香ることもあります。香りの効能についても謳われていますが、私は少し懐疑的です。全く効果はない、とは思いませんが即効性を求めてもいけないと思います。リラックスするためにラベンダーを焚くというのは何処にでも書かれていますが、トイレの香りを連想する人も居ます。香りと記憶はとても結び付きやすいものでした。また、香りに鈍感な人もいます。
生ごみや排便の匂いが好きな人はいないと思いますが、吐き気をもよおす匂いもあります。それは身体が有害な物として認識し、防衛の反応として起きるものだと思います。
私は北海道の富良野のペンションで働いていたことがあります。生のラベンダーを刈り取り、納屋に釣るし、宿泊のお客さんとラベンダースティックを毎晩作っていました。とても良い香りですが、今はラベンダーのアロマを焚くとむせてせき込んでしまいます。
誰でもかんでもラベンダーでリラックスするわけではない、という事です。
反対に気持ちの良い香りもあります。柑橘類の香りは清涼感もあってリフレッシュした気分になります。でもそれは誰でも、ではないのです。
色々なアロマを試してみて、そのお客さんに会う物を探しておくのも仕事です。