60日投稿した変化

「何がどうでるかわからないもんだね」

ふぅ、とママはコーヒーに息をかけた。
カビが生える!、と言って24時間除湿モードになっている我が家では
ホットコーヒーが美味しいらしい。
お陰で毛布が出っぱなしで、ぼくは嬉しいけど。

さて、いつものように、どうしたの?と聞いて上げるべきか。

そうするべきだよね。面倒だけど。

で、どうしたの?

さすがなーちゃん、聞いてくれるか、とママはほほ笑んでいる。

「営業自粛の2ヶ月間、どこかの誰かに届け!ってnoteで
 毎日記事書いてたじゃない。
 『切り替える時が来ましたよ』
 『整体師がやって来たこと』
 『整体師の「これやっといて!」』
 って20本ずつ。
 それは遠くの誰かなのかな、って思ってたし
 note内で海外に住む日本の人とか知り合って
 ネットって距離が関係ないな、なんて思ってたんだけど
 自粛解除になったら、お店の近所で長い事顔見知りだった人から
 予約が入ってるのよ。今までお店に来たことがなかった人達で。
 近所の人は私の事を造園屋さんだと思ってるんだけど
 整体師だと気が付いたというか」

複雑な気持ち、とママは自分を抱きしめている。
まぁ、造園屋さんだと思うよね、ぼくも時々そう思うし。

でも良かったね。近所の人に整体師だってわかってもらえて。

「うん。自分が何ができて、何を知っているか、
 どんどん言っていくって大事よね。
 そして言ったからにはやっていく。
 面白くなってきたぞ」

出し惜しみしてる場合じゃない、ってママは胸を張った。

出し惜しみかぁ。
そんなつもりはないけど
そうなっていることは結構あるかもしれない。
まず自分が何を知ってるか、自分か知らないといけないなぁ。
ぼくも考えてみようかな。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 今年もあと二ヶ月

  2. こざっぱり

  3. 応援の仕方はもう、心得ている

  4. そんな年頃だし

  5. パパはしつこい

  6. 緑と海

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)