ぼくの意見

「またここにいた」

ママはひょいと顔をだした。
二階のいつもの場所。
ぼくね、ここ、好きなの。

「知ってるわよ。
 何が良いんだろうね、そんなドアストッパー」

ママは肩をすくめてぼくの横に座った。

この良さがわからないなんて、かわいそうに。
ぼくは同情してママを見つめる。

「ねぇ、なーちゃん。
 ジャックと一緒に暮らせると思う?」

ママはおもむろに聞いてきた。
きっとパパからジャックと午後のロードショーを一緒に見た話を聞いたんだろう。
ぼくは、わかんない、と答える。

「あたしもわかんない。
 ジャックはさ、若いじゃない。
 例えばさ、今、あたしが三歳児と一緒に暮らせるかと言ったら
 ちょっと遠慮したいわね。
 体力がついていかないもの。
 自分が産んだんなら倒れてもやらなきゃと思うけど。
 なーちゃんとジャックの歳の差はそれくらいあるからね。
 トラさんだったら暮らせる気もするんだけど
 病院行くの嫌だって言うからなぁ」

ママは唸っている。

ぼくもさ、みんなで暮らしたらそれはそれで楽しいんじゃないかと思うよ。
でも壁の中と外とで分けなくてもいいのかな、とも思うんだ。
彼らは外に居たいと思っているし
ぼくは中に居たいと思っているし
それでも時々話をしたりして
共通の部分が少しあれば、それでいいかな、って。

ふむ。とママは口を閉じる。

あんた、なかなかやるわね
と言ってお尻を突っついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ミミ姉さん

  2. 人見知りなので、勘弁してほしいです

  3. 名づけ親がママだと

  4. いつの間にか、中学生になっていた

  5. 匙加減が難しい

  6. 他動か自動か

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)