ぐいぐい来るけど

おぃ!
家ネコ!居るんだろ!

ジャックが窓へ寄ってきた。

ぼ、ぼくの事を呼んでいますか?
ぼくは怖かったけど、ここまで近寄られちゃ
無視することもできず、おずおずと返事をした。
でも、いざとなれば二階に避難しよう、とか思って。

こ、こんにちは。
ぼく、なーちゃんって言います。

ぼくは恐る恐る自己紹介をした。

はぁ?なーちゃん?
だっせー
なー助で充分だ。
ちゃん、とか付けちゃって。

おぉやだやだ、とジャックは頭を振った。

それよりよ、飯ねぇか?
たんねーんだよ。ママさんなんでちょっとしかくれないの?
おれ、ピカピカの若者だぜ。
少食じじぃと同じにすんなっての。

もしかして、少食じじぃって
トラさんの事かな。
ママはお皿を二つ用意して、離れた場所に置いている。
たしか、ひと缶を二つに分けて。

今、ママね、お仕事に行ってるから
夕方またおいでよ。
伝えておくからさ。
ぼくじゃ缶詰開けられないんだよ。

そうなの?

と言うとジャックは大人しく引き下がる。

あれ?
ジャック、案外聞き分けが良いというか。
口調が乱暴なだけで、悪い奴じゃないのかも。

ぼくはトマトの苗の横で欠伸をするジャックを
そっと見つめた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼく、禿げました

  2. 作戦成功 その2

  3. ぼくがおじいちゃんになっても

  4. 青の世界

  5. 茶黒シタちゃん

  6. パパとばぁちゃんの夏休み

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)