奇麗になった花壇

相変わらず窓の外から色んな音が聞こえてくるけど
鳥の声や人の動きは良かったんだけど
うぃーん、っていう
ショベルカーの音は、ちょっと嫌だな。

ぼくはリビングでぶつぶつとつぶやく。

「まぁ、始まっちゃったしね。
 良い人が越してきてくれれば
 良かったと思うかもよ」

ママもお茶を持って、ぼくの傍にやって来る。

「そうそう、この間の花壇の植え替え、
 すごく良くなったんだよ」

ママはスマホを取り出した。

「これが、」

「こーなって」

「こーなったわけよ」

ママは、すっす、とスマホに映された写真を進ませる。

へぇ~
ずいぶん奇麗になったね。

「でしょ?
 やる前は、そのままでもいいんじゃない?って
 思うんだけど
 やっぱりやったからには良くしよう、って思うと
 良くなるものなのよ。
 きっと、隣で工事してる人も
 良くしようと思ってやってる。
 そして越してくる人も、楽しく暮らそうって
 思ってやって来るよ」

そうなの?

わかんないけど、ってママはお茶をすすった。

だといいね、ってぼくにほほ笑む。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 本当は、ぼくが拾われる予定じゃなかったんだ

  2. 夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

  3. そしてぼくはママを見上げた

  4. いつまでも待ってるから

  5. 同様に、気を使う

  6. その頑固は、損だと思うよ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)