2人とも、ぼくもういい大人なんです

ヘッドどろーっぷ!

おっとあぶない。
パパが寝ているぼくに頭を落としてくる。

ヘッドどろーっぷ!

さっ。
もう。
やめてよ。

どんなにぼくがよけても
パパはくじけず、ぼくに頭突きをしたいらしい。

下が布団だからパパの頭は
ぼすっ
という音とともにぼくの直ぐわきに埋まる。

「もー、なーちゃん、逃げないでよ」

パパはぼくを仰向けにして肩を抑えた。

この体制、ぼくのほうが有利なの、知ってる?

ぼくは手加減なく
けりけりけりけり
と足を動かした。

「あー!なーちゃんずるいぞ!」

ぼくとパパは取っ組み合いになった。

「はいはい、父と息子のプロレスごっこはおしまいの時間です。
 消灯!」
と言うと、ママは電気を消した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. そおね、ぼく猫だし

  2. ママはぼくとパパを置いて

  3. ぼくとパパではしょうもない

  4. どこまでやる?

  5. 拉致ぐらいしないとね

  6. 夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)