半分半分

ねぇ、ママ。
引っ越すの?

「良い物件があれば、ね」

ソファに座るママが答える。
ぼくもテーブルから降りて、ソファにしゃがんだ。

ぼくけっこうこの家、好きだよ。

「あたしだって好きよ。
 ばぁちゃんの終の棲家だったんだし。
 でもここは大家さんの物なの。
 なんだかんだバタバタしている内に
 5年も住んじゃった。
 パパの仕事もちょっと落ち着いたし
 しかしまたいつ落ち着かなくなるかわからないし
 その可能性は大きいと思っているし
 最大限の防御をしようと思う」

ママは、思い出も多いけど、次に進まないと。
やっぱり、お庭のある家に住みたいし。
って腕を組む。

ぼくも、うーん、って唸る。

ちょっと怖いような
ちょっと楽しみなような
複雑な気持ちになる。

きっとそれはママも同じで
きっとパパも同じで。

「縁だから。物件なんて。
 もし縁があれば、動いてみようよ」
ってママはぼくの額を突っついた。

 
猫との暮らしランキング
 

関連記事

  1. 作戦成功 その1

  2. ミミちゃんに譲る

  3. 輪郭がぼやけても

  4. 成長がいちじるしい

  5. キャットミント

  6. また夏が来るって

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)