ばぁちゃんも猫になるらしい

「じゃぁ、あたしたちは銀行に貯金しに行ってくるから。
 それまで家、好きに使ってていいよ」
とママはばぁちゃんに耳打ちする。

「ずるいずるい。みんな帰ったら合流するから
 迎えに来て」
とばぁちゃんはママに耳打ちを返す。

ママは駅まで人を迎えに行き
連れて戻って
お茶を出し終えたところだった。

ママが言う銀行はパチンコのことだ。

ばぁちゃんがパチンコを選んだのもわかるなぁ。
時間を潰すには持って来いだ。
途中で切り上げることができるもん。
人と会ってたりしたら、そうはいかないし。
お金はかかるけど、かからないときもあるし。
ってママが昨日のお茶会で言ってた。

昨日はママのお兄さん家族がやってきて
一昨日はママのお姉さん家族がやってきた。
そして今日はばぁちゃんの妹と
ばぁちゃんの従妹が来ている。

今日はママもパパも家にいる日だったのに
ママはパパと一緒に家を明け渡した。
「私たちがいてはできない話もあるでしょうから」
って言って。

そこでぼくの出番だ。

ママが言っていた通り、
ここに来た人たちには、ぼくの声は聞こえていない。
「わぁ、ねこちゃん、かわいい~
 ねこがいるから寂しくないわねぇ」
とか
「ペットセラピーね~」
とか言ってた。
ぼくとばぁちゃんは目を合わせて
くすり、と笑う。

で、ぼくの感想としては
みんな、自分の話ばっかりだなぁ、だった。

案外元気そうでよかった
とか、
娘さんに見てもらえて、幸せね~
とか、当たり障りのない話をして
誰もばぁちゃんの本音を聞き出せない。
ばぁちゃんも言う気がなさそうだ。
そのうち自分たちの近況で持ち切りになって
ばぁちゃんは聞き役になった。
パパとママとぼくといるときは
ばぁちゃんはよく喋るのに。

と、言うことを夜のお茶会で
ママに伝えると
「やっぱりそうか」
と少し寂しそうな顔をした。

ママとパパと合流する前に
ばぁちゃんにも聞いたんだ。
そしたら
「このみも疲れたでしょ」
って言って、ばぁちゃんはぼくを膝に乗せた。

「みんな悪気はないのよ。
 わざわざここまで来てくれたことに
 感謝はしてる。
 ばぁちゃんの我がままでここにいるんだし」
 
ばぁちゃんはゆっくり目を閉じる。

「社会生活を閉じるって、なかなか難しいものね。
 ばぁちゃん、今度生まれ変わったら猫になろう。
 そしてママに拾われよう」
って言ってたよ、ってママに伝えると
ママは、断る!って叫んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 小さなこと

  2. いざ!引っ越し!

  3. 台湾の足つぼは、良い。

  4. DIYママ

  5. ねぇ、くさい?

  6. 家での話に加わりたい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)