ぼく、相談にのる

「いやはや、なーちゃん。
 どうしたもんかねぇ」
ママが珍しくため息をつく。

パパの事?って聞いてみた。

「いや、それは、まぁ、ゆっくりやればいいと思ってるんだ。
 あの人、15歳から働きづめなんだし。
 人生の夏休みも必要だしね。
 それは置いておいて、ばぁちゃんのことだよ」
ママは再度ため息をつく。

ママのママさんは、ばぁちゃんという人で
末期ガンだと聞いている。

ガンって死んじゃうの?とママに聞くと
人間誰でもいつかは死ぬんだよ、と返ってきた。

「その死ぬ場所を考えてやらなきゃ、と思ってる」

ママは遠くを見ている。

ママとパパは最近、ばぁちゃんの居る病院に行ったり
ママの実家に行ったり
なんだか落ちつかない。

「うちに呼ぶにも、今はパパが昼間家にいるしね。
 どうしたもんかねぇ」
ママはまたため息をつく。

でも、あたしはここが一番なんじゃないかと思ってる
とママはぼくを覗き込んだ。

いいんじゃない?それで。
ぼくもそう思うよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 小さなこと

  2. それでももう春

  3. 憤懣やるかたない

  4. 痒くない?

  5. 夏太り

  6. 濡れ衣を被る気でいる

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)