ぼくの部屋

「私はあんたをうちの子だと思っているけど
 種族が違うからね。
 人間と猫では本能として違う部分があると思っているの。
 落ち着く小さな部屋と上下に動ける場所は、必要なんじゃないかな。」

そう言うとパパとママはホームセンターに行って、大きなダンボールを抱えて帰ってきた。
二人で、あーでもない、こーでもない、と言いながら
天井まで届くキャットタワーを立てている。

はい、どうぞ、と言われてぼくはタワーの中段に設置された部屋に入ってみる。

ぼくは二人と一緒に居るのが好きだけど
やっぱりその部屋は落ち着くものだった。

081119_1333~01


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 肩甲骨を触られる

  2. 本当は、ぼくが拾われる予定じゃなかったんだ

  3. ぼく、孝行息子?

  4. 怪我なんて、勲章だ

  5. そおね、ぼく猫だし

  6. 一生懸命やっていることがやりたいこととは限らない

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)