外の世界になにも感じなかった

081028_1301~01

ママの部屋の物が全部運び出されて
ぼくはバックに入れられ
ママは歩いて新しい家に向かった。

「まだバックに入れるほど大きくもないけど
 もうフードには入らないもんね」
あたしの首が絞まっちゃう、
と言うとバックをポンポンと叩いた。

ぼくはあれから初めて外に出て
バックの側面の網越しに景色を眺めた。

パパとママ以外の人の声や車の走る音
枯れた草の匂いとすれ違う猫たちの視線。
だけどほとんどぼくには記憶がなかった。
懐かしいとも感じない。

外で待っていた引越し屋さんに声をかけると
ママは新しい部屋の鍵を開けた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. つっぱることが男のたった一つの勲章だぜ

  2. まずは防御から

  3. 時間差

  4. それが春の準備

  5. それがジャックだから

  6. ママはぼくとパパを置いて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)