そしてぼくはママを見上げた

「そうとは限らないじゃない。
 あんたが落ちてなかったら
 ワタボコリ家族をみんなうちに連れてきたか、
 なんて、その時考えるわよ。
 現実は、
 あんたが落ちてて一緒に暮らすことになった、
 それだけよ。」

まぁ、大家族を養えるほど稼ぎがないので、
あんたが落ちてなくても結果は同じだったんじゃない?
とママは付け加えると、
いつものようにぼくのおでこを突っついた。

081026_2159~01


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくはクーラーの中で

  2. ぼくのカレンダー

  3. わたぼこりの子

  4. ぼくとばぁちゃんに見えるモノ

  5. ミミちゃんも喜んだ

  6. 最後のお風呂

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)