一緒に暮らすための確認事項

ぼくもなんだかよくわからなかったし
パパとママもなんだかよくわからないまま、
2人と1匹で暮らし始めることになった。

「ところであんた、おしっこは自分でだせるの?」

ぼくは目ヤニで目が開かなかっただけで、
視力がないわけではなかった。
目薬を差してもらって、
鼻を拭いてもらって
ようやくぼくを取り巻く環境を目で見ることができた。

ぼくを受け止めた手の持ち主はママで、
そして
これからのこと、について話し合おうとしているみたい。

ママはティッシュを濡らして、
それでぼくの股を突っついた。

そうだ。
お母さんとはぐれる前、
刺激してもらっておしっこがでたんだ。

ぼくはいそいそと、
紙の砂がひきつめられた大きなタッパに向かった。

080918_1514~01


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 人見知りなので、勘弁してほしいです

  2. とても小さな、ぼくのライバル

  3. 嵐が過ぎ去るまでに

  4. ぼくとミミちゃんの距離

  5. 痩せることが目的ではない

  6. そろそろ土用

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)