黒くなったシタちゃん

「今朝シタちゃんを見かけたのよ。
 そしたらさ」

ママは帰って来るなりスマホをぼくに見せた。
ぼくはママの自転車が止まる音を聞いて
二階から降りてきたところだった。

もう。その前に、ただいま、じゃないの?
ぼくはママを睨む。

ごめんごめん、ただいま、なーちゃん
と言って、ママはぼくを抱き上げた。

「でね、黒い猫見かけた、と思ったらシタちゃんだったの」

ママは抱き上げたぼくに画面を見せる。

コンクリートの階段の上で毛づくろいをしている。
真っ黒に見える。
人違いじゃない?

「でも尻尾が茶色かったんだな」

ママは、絶対そうよ、と譲らない。

夏毛が抜けたのかもね、って瞳をくるっと動かす。
楽しそうな時のママだ。

ぼくも、お庭にシタちゃんが来たら聞いてみるよ、と
瞳をくるっと動かした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 信用してるから

  2. 酉の市で交通安全母の会

  3. 残る暑さ

  4. 無情にも周りは変わっていくもので

  5. ゆっくり生きてる

  6. ご機嫌をとられたみたい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)