鯉ちゃん、安らかに

ママは鯉ちゃんの事を怒っているのかな、と思っていたけど
朝ぼくが1階に降りると大きな段ボールに
オセロの箱を置いているところだった。

ママ、何してるの?

振り返ったママは寂しそうに微笑む。

「鯉ちゃん、息も絶え絶えなんだけど
 うんちが出せればまだ何とかなるかな、と思って。
 暗くて静かな場所に居れば、それできるかも。
 でもブクブクなしで。
 酸欠で、眠るように逝くかもしれない。
 どっちつかずな方法だけど」

苦渋の選択、と言ってママは目を閉じる。

なーちゃんは近づかないように、と釘を刺されたけど
ぼくはちょっと覗き込んだ。

本当に、辛うじて息をしている状態だった。
あんなに横暴だった鯉ちゃんが、とぼくはひるんでしまう。
もう、頑張って、と言う事もできない。
できるだけ、安らかに
そう思ってしまうのはいけないこと?とママを見上げる。

「あたしだってそう思うよ。
 ここに越してきてから付き合いだし。
 我儘放題だったけど、嫌いじゃなかったよ。
 最後は、始めて入った水槽で、静かに、って思ってる」

ママはグッと目に力を込めた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ずいぶん、しっかりしたんだ

  2. クールビューティー

  3. いざ!台湾!

  4. いつかの桜まつり

  5. 青空の元、朝寝

  6. とは言え、ちょっと落ち込む

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)