魔女の宅急便

いいもの見つけた。
うん、丁度いい。

「これこれ。それは枕じゃありません」

ママが、ぶー、っとふくれている。

知ってるよ。ご本でしょ。
それでもぼくは頭を置く。

「いまでこそ、かの有名な魔女の宅急便だけど
 あたしは小学生の時に読んでいたのだぞ。
 大事なバイブルを枕にしないで欲しい」

ママは眉をしかめる。

バイブル?
ぼくには意味が分からない。

「生きる指標、って言うの?
 女の人が仕事をしながら生きていくっていう話なの。
 ほうきに乗って空を飛ぶ、っていう物語じゃないのよ。
 女性の生き方を書いた話だもん。
 落ち込む日もあるけど、私は元気です、って
 良いと思わない?」

ぼくは、ふーん、と思いながら
だからママはママなのか、と思った。
子供の頃に読んだ話がそのままママの生き方になっている。

「更には、作者が今年国際アンデルセン賞を受賞したんだよ。
 小さなノーベル賞って言われている賞なの。
 80歳過ぎてから受賞なんて、夢があるなぁ。
 あたしもがんばろう」

ママはグッと拳を握り、ぼくから枕を奪った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 台湾シャンプー

  2. 輪郭がぼやけても

  3. 玄関は涼しい

  4. 冬の色と冬の心

  5. PC作業はさせない

  6. 見せ方によるよね

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)