頭かお尻かわからない

ほら、なーちゃん

ってママはぼくを呼んで、手を広げる。

「なんか、大きくなったよね。
 うちに来て、4日ですが。
 こんなに成長著しいなんて、きんぎょずよりもすごい」

ママが広げた手から、ちーちゃんがむずむず動く。

えっと、顔はどこ?

これは?お尻?

「ぐにゃぐにゃしてるんだけど
 毛布よじ登って来れるの。
 見えないのに、すごいよね」

ママは鼻息を、ふー、と吐いた。

「けっこうミルク飲む量増えて来たし、
 間隔もちょっと開くようになってきたし
 目が開くまで、あと1~2日ってところかな」

ウトウトしだしたちーちゃんを籠に入れて
ちょっと、今のうちに、トイレに行って来よう
とママは立ち上がる。

マグカップよりもまだ小さい。

ぼくはちーちゃんの匂いにも慣れた。
きっと、ちーちゃんもそうじゃないかな。

トイレから戻ったママに、タッパに連れ戻されたちーちゃんは
みぃ
と小さく鳴いて、こっちが頭です、
と言わんばかりに顔を出した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. なにもない日々が、幸せなんだと思った

  2. チャオチュールの威力

  3. 表現の仕方は人それぞれで

  4. お布団の中と外

  5. ミミちゃんの行動範囲

  6. パパはパパで

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)