隣の客はよく柿食う客だとて

おでこが温かいと眠くなるんだよね。

「いやいや。
 おでこ出してる時だって、寝てますけど」

そうだけど。

ぼくはコタツ布団の上で
つまりは、ママの膝の上で、丸くなっている。


いや、長細いか。

重い、重い、
とママはもぞもぞ動く。

「でもね、なーちゃんが膝に乗っている人は
 動かないで良い、っていうルールだから」

パパちゃん、柿むいて~

ってママはパパにお願いする。

ずるいずるい、なーちゃん、こっち来てよ

ってパパはぼくを自分の膝に乗せようとした。

「だめだめ。
 なーちゃんに選ばれた者勝ちだから」

しっし、とママはパパの手を振り払う。

でかしたぞ、なーちゃん。
ママはぼくの耳を引っ張った。

「あら、あんた、なんかこんがらがってる。
 あんよがお手手とぐるぐる」

ん。
まぁ、よくある。

なんて話をしているとパパが柿をむいて戻ってきた。

「はい、なーちゃん、どうぞー」
ってニコニコしながら、ぼくに差し出す。

いらない、って。

ママは、ははは、楽ちん
って笑ってその柿を奪って食べた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 編み物の棒も、噛んじゃだめらしい

  2. ぼくとばぁちゃんに見えるモノ

  3. わざわざ行くんだね

  4. ぼくとミミちゃんの距離

  5. ママのたくらみ

  6. そしてぼくはママにちょっかいを出す

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)