鍵の開かない物置はただの粗大ごみ

ママは商店街の花壇を整備するついでに
ベンチ型の物入れを3つ設置した。

そんなに要りますか?と横浜市の人に不審がられたけど
600mの通りを維持管理するのに必要だ、って押し通した。


確かに
1丁目にしか物置がなかったから
5丁目の落ち葉掃きをしてて
ゴミ袋が足りなくなっても
1丁目まで取りに来なきゃならない、
なんてことはよくあった。

往復20分。

「それがバカバカしいっていうのもあったけど
 南京錠型で、誰でも何時でも開け閉めできるようにしたかったのよ。
 それを各丁目に置ければ
 有事の際に災害用品に早変わり」

ママはウフフと笑う。


え。それは。すごい。

中身は軍手やゴミ袋、ハサミだけれど
困った時に、あると助かるかもしれない。

花壇の資材、と言ってしまうと
使う人が限られる感じがするけど
災害用品、って言うと
地震の多いこの頃だし
気に止める人もいる。

「鍵の開かない物置って粗大ごみだと思うのよ。
 なんの役にも立たない。
 鍵を持ってる人がいつでも居るとは限らないんだし。
 だから南京錠の開錠ナンバーは
 元町の人なら誰でも知ってる番号にしたの。
 いつでも誰でも開けられるように」


えー
ぼくわからないー
地震の時に開けられないー

って口を尖らすと、
なーちゃんは元町に居ないでしょ、って
突っ込まれた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 暑くてもよく遊ぶ

  2. なんとなく傍に居て

  3. イワシ祭り

  4. 本当は、ぼくが拾われる予定じゃなかったんだ

  5. 猫の手を貸そう

  6. トラさんの巣

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)