釣果はぼちぼち

朝起きたらもうパパはいなくて
それはいつものことなんだけど
ママもいなくて
あれ?今日は早いお客さんが入っていたのかな
とも思ったんだけど
5時から行くなんて珍しい
と思ったら二人して夕方に真っ黒こげで帰ってきた。

「もー、日焼け止め効かないじゃないのよー」
ってママは怒っていたけど
クーラーボックスをキッチンに運んでいるパパを見ると
どうやら二人は釣りに行ってたみたい。

「見てよこの、燦燦と輝く朝日を!」

これは。暑そうだね。
今日もまた、クーラーの効いた部屋で寝ていたぼくには
知らない世界だった。

「見てよこの、青い空を!」

わぁ、気持ちよさそう。
ぼくも釣り、行ってみたいな。

「だめだめ。なーちゃん干からびちゃうよ」
パパは笑っている。
釣れた鯖をお刺身用に切り分けているところだった。

「はいこれ、なーちゃんに、お土産ー」

それは小さなお魚で、白かった。

「セイゴだよ。大きくなったらスズキだけど」

ワクワクするパパを横目にぼくは匂いを嗅ぐ。
パパを見上げ、
うーん、ぼく赤いお魚が良い!
と言うと二人は、えー!まぐろ?!と叫んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 看病好き

  2. 眠れないって大変

  3. テレビっ子

  4. 行き倒れ

  5. 鯉ちゃんの様子がおかしい

  6. ひとりの時間を満喫する

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)