通りを緑に

ママがまたお絵描きを始めている。

あれだな。
緑アップの2次提案資料だ。

まったく切ったり抜いたり植えたり、何やってるんだろうね。

「ただでさえジャングルなのにこれ以上増やしてたまるか。
 景観の向上を!」
なんて言ってたけど、大きさも植えてあるものもてんでバラバラな
植栽帯を、それも600mも、どうするんだろうね。

「ところがどっこい。
 揃っているところがあるのだ」

ママはウフフと写真を見せる。

え?
河から見た通り?

「護岸の活用だよ。
 まったく一面灰色で色気もそっけもない場所なの。
 そこをだ」
と言うとお絵かきした紙を取り出した。

「河の方に弦物を下げてみようかと」

へー。
もしほんとにこうなったら
船から見ても、河の向こうから見ても綺麗だね。

でしょー、とママは言うと
でもどこから手を付けるかが問題、3年かけてやるんだから
とまた眉をしかめている。

エンドレスだね、とぼくもつい、眉をしかめた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 完璧を求めない

  2. 銀の龍の背に乗って

  3. うり坊と呼ばれて

  4. お餅と七味と

  5. 蒔いて2ヶ月

  6. 落ちた先は人間の手のひらだった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)