逃げ切れると思ったのに

バレないように静かにしてたのに。
ちくしょう。

「はっはっは。そのまま年を越させるわけがないだろう」
ママは高笑いをしている。

まんまとお風呂に入れられた。
もう!寒いのに!

「コタツに入ればいいじゃない。
 濡れた足で掃除終わったところ歩かないでよ」

ママはバタバタしながらぼくを捕まえて
サクッと洗った。
そして今は白ちゃんの水槽を洗っている。

布団に避難してたかったんだけど
徹夜明けのパパが寝てるし。

パパはお節料理詰めの手伝いに行ってさっき帰ってきた。

大晦日につまむのが楽しいのよね、とママはつまみ食いをしている。

ぼく、もう、濡れたままお布団に入っちゃおうかな。

「ちょっと!コタツで乾かしてから!」

あ。ばれた。
ちぇっちぇっ。
あとでそのお魚ちょうだいよ。

という訳で、ぼくの大晦日はこんな感じ。
皆さん、よいお年を!


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. さすがに痛かった

  2. どか雪

  3. 青空の元、朝寝

  4. すっかり元通り

  5. 緑のまちづくり

  6. 痛いの痛いの飛んでいけ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)