迷わず行けよ、とママは言った

毎朝ママはお線香をあげているけれど
それは3本あって
1本は、パパの男性先祖に
1本は、パパの女性先祖に
1本は、これまで縁のあって亡くなったすべての人に
って事なのはぼくも知っているけれど
時間を空けて、また1本火をつけた。


それは誰にだったの?

「突然亡くなった、ママのお店のお客さんにだよ。
 ウチにきた次の日亡くなった、って。
 ギリギリの中で最後にウチを選んでくれたのは
 凄い事だなと思って。
 眠れないって言ってたんだけど
 あの日、施術中、ちょっと眠れたんだ。
 あー、楽になった、ってちょっと笑って。
 それくらいしかできなかったから
 お線香も上げちゃう」


・・・。

ぼくにもいつかお線香、くれる?
と聞くと、山盛りで上げるわよ、と返って来た。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 夏の花の準備

  2. そして、気を失った

  3. 緑の勢いが凄い

  4. 毛づくろいをしなくなった

  5. 何か作っている

  6. ぼくとママの応援

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)