身体に染みついた警戒心

ウッドデッキに茶色い影。

あ、あの
ご飯が入っていないんですが。

モジモジと動く茶色い影は、しまちゃんだった。

え?ほんと?
さっきママがカリカリを出していたのに。
ママ、しまちゃん来たみたい、とぼくは声をかける。

「ありゃ?
 ミミちゃん、全部食べちゃったのか。
 しまちゃん遅いよ~」

ママはまたカリカリの袋を取りに行った。

ご、ごめんなさい。
寝坊してしまって。

しまちゃんは、恥ずかしそうに空になったトレーの匂いを嗅いでいる。

いひひ
とママは意地悪く笑っている。

「では、中で食べてもらいましょう」

そういうとママはカリカリを外に出さずに
窓の内側に置いた。

迷った挙句、しまちゃんは身体の半分だけ、中に入ってきた。

黙ってカリカリを食べているけど
耳はピンと立ち周りを警戒しているのがわかる。

そうか。しまちゃんはいつもそうやって
ご飯を食べるのか。

ぼくは胸が痛くなった。
ご飯って、美味しい美味しい、って夢中になれば
隙ができる。
どれだけ周りを気にしながら、しまちゃんが生きているのか。

ぼくとママはしまちゃんが落ち着いて食べられるように
少し離れてそれを見つめる。

ん、としまちゃんは顔を上げ
ぼくたちと同じように、ぼくたちの様子をうかがった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. どちらも可

  2. 予報ははずれて 予感は当たった

  3. どこまでやる?

  4. ぼく、禿げました

  5. パパのリクエスト

  6. 温故知新

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)