評論家じゃなくてセコンド

自分を外側から見ている自分。
でもそれは自分だとうるさいってママは言う。

「他人よ。自分じゃなくて。
 でも批評するんじゃなくて
 ブレーキとアクセルを
 どのタイミングで、踏むんだ!と叫んでくれる人」

って言ってたけど、ぼくにはよくわからない。

あ、あれかな。
先日ママは庭の手入れをしてた。
それも朝の五時半から。

休憩も取らずずーっとやってて。
大丈夫かな、って思ってたよ。
でもママは楽しそうだったから。

綺麗になったなと思ったときには
13時を回っていた。
そしてママは部屋に入って来て
三時間くらい倒れてた。

ぼくはやっぱりね、って思ったけど
それを言ったら評論家なのかもしれない。
作業の最中で止めてあげられたら、セコンドだったのかもしれない。

そしてぼくは傍観者だったみたい。


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 秘儀!通り抜けの術!

  2. お気楽極楽

  3. それがジャックだから

  4. 温かい場所を知っている

  5. 誰のためでもない

  6. 花が咲いているだけで

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)