訃報は突然に

ここ数年、音信不通になっていた友人が亡くなってた、とママは言った。

それも交通事故だった、って。

「年明けに、ニュースで見た事故だったんだ。
 まさかそれで亡くなった人が知り合いだったとは」
うーむ、と目を閉じている。

え。そうなの?

うん、とママは頷いた。

「なんの因果でそんなことになるのかなぁ。
 突然って誰にとっても衝撃。
 やっぱり死ぬ時は受け入れて迎えたいものだ、と
 改めて思った。
 誰でもその日は来るけど、心の準備が出来る時間は
 欲しいと思う。
 それが持てなかったのは残念だよ」

残念だ、としか言いようがないのが残念だ、と呟いて
布団に倒れた。

ぼくも言葉なく、爪を噛んだ。

ご冥福をお祈りする事しかできない。

歯がゆいって、こういうことを言うんだね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 集金のメド

  2. 探検ミミちゃん

  3. 夏本番

  4. 見守り隊

  5. スーパーマンなのかウルトラマンなのか

  6. だれ? その7

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)