訃報の便りが届くころ

11月特有らしい。
今年亡くなった誰かの連絡が来る。
それは、年始の挨拶は遠慮します、というハガキだった。


もちろん、亡くなった人から届くものではない。

今日届いたのは、ママが整体師として初めて働いたお店で
知り合ったお客さんからだった。

「そっか。お母さん99歳で。
 2人ともよく頑張ったなぁ」
ママはしんみりとハガキを見ている。

ママがその店で勤めていたのは18年も前で
ハガキをくれた彼女はある時期から
千葉と長野を往復してお母さんの看護をしていた。


ねぇ。ぼくが死んだらハガキ出す?

ママは、出すね、と言って布団に潜って行った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 1日一握りのナッツ

  2. さくっとお正月も終わっていて

  3. 2人はぼくの事を話している

  4. あいかわらずなボクら

  5. 嵐が過ぎ去るまでに

  6. 言われる前に

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)