見守り隊

しまちゃんが庭に落ちている。
と言うと聞こえが悪いけど
ほんとうに、そういう感じだった。
生きてるよ?背中が上下してるし。
でも声をかけるのが憚れるような眠り方だった。

頭のてっぺんが汚れている。
やっぱり床下を突き上げたのは、しまちゃんだ。

いつもは香箱座りをして眠るのに、
今日は横になっている。
この違い、わかる?
香箱座りは直ぐに動けるような寝方なの。
横になっているときは、気が抜けてる時。
つまりは、もう、そんなに機敏に動く気力がないとき。

ママもぼくの後ろからそっと見守る。
落ち葉の片づけをしようとしていたのを止めたみたい。
起こすと悪い、って。
眠るのが一番身体に良いんだよ、それも
お日様に当たって眠れるなんて
医者に行くよりもいい、って。

窓ガラスは曇って
外と中の温度の差を表していたけど
しまちゃんの周りはひどく温かく見えた。
そうだと良いな、ってぼくが思っているだけかもしれないけど。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくはもう落っこちない

  2. ぼくの幸せ

  3. コタツ戦争

  4. リメイクっていいもんだね

  5. 綺麗になりました

  6. 多少は怒っていた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)