表現の仕方は人それぞれで

結局パパはママに、ごめんね、とは言わなかったんだけど
ママはパパに気兼ねなく色々頼むことにしたみたい。

先に家に帰ってきた人が、お米を研いで焚いておく
ってことになって、
夕飯を作った人は、洗い物をしないでいい
ってことになって、
ママも仕事から帰って、座っている時間が増えた。

「できるんなら自分から進んでやって欲しかったけど。
 頼めばやってくれるなら、いいか。
 嫌な顔しないし。
 お休みもずれちゃってるから
 あたしも友達と遊ぼ~♪」

ってママも留飲を下げた。

洗濯物をパパの籠とママの籠と分けて
ママの分はちゃっちゃと洗濯をして
パパの分はご自分でどうぞ、
という形を取ってみたけど
パパはまったく自分の分に手を出さず
でもママにやってとも言わず
結局見かねてママが洗って
「あー!靴下の替えがある~!」
ってパパが喜ぶのを横目で見ながら
ママは、けっ、って言ったりしてて
まぁ、やっぱり二人は仲良くやっているな、とぼくは思う。

休みの日はパパが夕飯を作ることになったし。

ママが作ったご飯をパパは
わーい
美味しい
100点!
とか言って
ママは
あたしが作ったご飯が美味しいわけないでしょ??
パパちん、板前なのに、舌、大丈夫??
って本気で言ってて
ありがとう、とか、ごめんなさい、とか
言葉にするだけじゃなくて
パパってわかりずらいけど、いいよね、ってぼくは思う。

「そうだった。知ってた知ってた。
 忘れてたのは、あたしだった」

ふふ。
ママ、それを、惚れた弱み、って言うんだよね。
って伝えると
外人さんのように肩をすくめて両手を挙げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼく、相談にのる

  2. どっちが産んだのかは問題ではない

  3. 花咲かちび子

  4. 見本その2 ママ

  5. 輪郭がぼやけても

  6. ぼくは、ひっそり日向ぼっこ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)