行政とは

なんだかママはバタバタしている。
なんでお店閉めてるのにバタバタなるのか、ぼくにはよくわからない。

「できる限りとはなにか、ってところをやってるのよ。
 できる限りとは、想像力を試されるものよね」

きゃきゃきゃ、とママは笑っている。

「想像した後は行動だからさ。
 やってみてたのよ。
 行政は何を考えてどうなっているのかな、とかさ。
 横浜市は良い市だ、ということがわかった」

そうなの?
今みんな困ってて、怒ってるんじゃないの?

そりゃそうだけど、と言うとママは話を続ける。

「色々対策立ててるんだよね。
 そりゃ今日・明日で決定できないから、時間はかかってるけど
 まず先に持続化給付金が下りて、それでひとまず耐えて、ってして
 そこから各自治体で動いてるんだよね。
 色々可決するための時間稼ぎは国がやってくれた、ってことで。
 書類揃えたり、要綱読んだり、条件と照らし合わせたりって結構大変だけど
 この1ヶ月はいい勉強になった。社会勉強を実地でできる機会なんて
 なかなかないからね。
 けっこういい手を打ってきてるよ、横浜市」

ふーん。
だから税務署なんて行ったりしてたの?

あら、知ってたの?とママはぼくを見る。

知ってるよ。パパと出かけてたじゃん。

「確定申告の税務署印を貰ってなかったのよ。
 郵送で提出してたからさー。
 次回からは貰う手続きして提出しよう、とか学んじゃった」

えへへ、とママは恥ずかしそうにしている。

「すごいんだよ。
 コピー取って出してもらうのに
 『保有個人情報開示請求』とかするの。
 名前が仰々しいだけで、請求書出せばコピー取って、くれるの。
 2週間くらいかかるけど、そんなの知らなかったなぁ
 めんどくさいけど、めんどくさいだけだから。
 ついでにセーフティネット4号も取っちゃった。
 これを持ってると色々優遇があるんだね。
 持続化給付金が申請出来たお店はみんな取れるものだけど
 やってる人は慣れてる人だな」

ぼく、猫で良かったな。
書類なんて、めんどくさい。

「まぁそうだけど。
 でもこれでずいぶんみんな色んな手続きができるようになっちゃうんじゃないかな。
 行政とはなにか、ってわかって来るし。
 融資ってなにか、もわかったんだ。なので借りる手続きもしてみた。
 借りとくと補助が申請出来たりするんだよね。
 行政は、みんなを助けようって必死になってるよ」

必死で助かろうとして、必死で助けようとして。
助かりたいと思わなければ、助からない。
誰かが勝手に助けてくれるなんてない。
それはママがよく言う事だった。

「だから、めんどくさいとか言ってると死んじゃうの。
 さて、商店街としての給付の申請もやってみるために
 会長のケツを叩かなくては。
 なんせ河岸通り会は弱小商店街だからね。
 でも、通せそうな気がする」

ニヤリとママは不敵に笑った。

また何か考えてる証拠だ。

結果がどうなるか、ぼくも楽しみに待つことにした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 今年も半分まで来た

  2. ハッピーバースデー

  3. ねぇ、くさい?

  4. けっこう仲良し

  5. 春はすぐそこまで来ている

  6. 1次審査、通過!

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)