行き倒れ

ウッドデッキに茶色い影が見えたので
ぼくは椅子に飛び乗って窓の外を見た。
トラさんだろうな、と思ってだよ。
そうしたら
ウッドデッキに横たわるトラさんが見えた。

ぼくの心臓はドキリと動き、息が止まる。
ト、トラさん?!
まさか、死んでるんじゃ?!
ぼくは窓に体当たりして、トラさんを起こそうとした。
こんな時に限って、ママはもう出勤している。

どうしよう
トラさんが、トラさんが

目の前で倒れているなんて、
それなのにぼくは近づく事すらできない。

トラさん!

なんちゃってー
驚いた?
とトラさんはぼくにウィンクを送る。

・・・。
ぼくは目を細くして
静々と二階へ上がっていった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 何もしなくても時間は過ぎていく

  2. 猫巻き巻き

  3. ママは何師なの?

  4. 強風はろー

  5. おひけぇなすって

  6. 戌から亥へ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)