虫の知らせ

何かいつもと違う朝だった。
いや、いつもと同じなんだけど、何か違っていた。

それは、ママが帰ってきてわかった。

「あのんが今朝、虹の橋を渡ったって。
 長い事頑張ったなぁ、2人とも」

やっぱり。
そうだったのか。

ぼくは会ったこともないし
ママも会ったことはない。

でも状況は聞いていた。

癌で闘病中の猫だった。
ママの友達の家に居た。

ママの友達も看病でずいぶん痩せて。

ただ見守る事の苦しさが綴られたLINEが良く届いていた。

でも2人とも、もう苦しいのは終わったんだよね?

「そうだね。
 お疲れさまでした、としか言いようがないけど
 ほんとによく生き切ったし
 よく見守ったなぁと思う。
 あたしたちも頑張ろうね」

ママはぼくの背中を
ポンポンと叩く。

そうだね。

ぼくもうなずいた。

ぼくたちにもいつか来るその日を
経験した2人に敬意を払って。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 小さい良さ

  2. 量子力学?

  3. 平和な南風

  4. 冬の陽

  5. 時代についていく

  6. 思い描いたからそうなった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)