藪を突かなければ蛇も出てこなかったのに

パパに言われて、ぼくはママにアピールすることにした。

出勤までまだ時間があるのを確認して
お茶を飲んでいるママに声をかける。

ちょっとちょっと。
ぼくは3段目で待機して、ママが振り向くのを待っている。

「はいはい。何でしょう」

ママはカップに、ふー、と息を吹きかけて
ぼくを見た。

こうでしょ。

とりゃ、と勢いよく小箱の上まで登る。

ママは
おー
と言って拍手をした。

「一番上は?
 一番上はいらない?
 登らないなら分解して低くしたいんだけど。
 いる?
 もう登らない?」

ママはキラキラした目でぼくを見ている。

えぇぇぇ
要求が高い。
こんなに使っているアピールをしてるのに。

これを、やぶへび、と言うのだな、って学んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 大人だし

  2. 外の世界になにも感じなかった

  3. ぼく、相棒

  4. 緊張する必要がない

  5. 安全な場所だと思っている

  6. 野菜の見張り番

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)