花見で候

午前中で風が治まったからか、ママは
お花見しようよ
とぼくを誘った。

「メジロが来たよ。春だねぇ」
と窓の外を指さした。

ほんとだ。
毎年やって来る春の便りは花だけじゃなかった。

ママはウッドデッキにクッションを干している。
どれどれ、とぼくも外に出た。

暖かい。
お日様は毛布より温かいって、1年ぶりに思い出した。

庭の山桜桃梅も咲き始め、春っぽい顔をしている。

ママもお茶を入れて、日向にやって来た。

いいよね、こういうの。

花も陽も、さぁどうぞ、と迎えてくれてるみたいで。

お日様に包まれて、眠るって最高。

「おやおや?花を見ないのか?」
とママは呆れていたけど、これがぼくの花見で候。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. おひけぇなすって

  2. 遊んでくれなくても

  3. できる限りのことを

  4. 発送完了

  5. ぼくもひかえます

  6. ぼくがぼくであるために

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)