花壇の6月

毎年の事だけど
いや、通年の事だけど
ママが土臭い。

朝早くから出て行って、土臭くなって帰ってくる。

あれだよ、きっと。
商店街の植栽帯の伐採だ。

「そうよ。今年はちゃんと土木事務所にも申請出すんだから。
 貰ったプランターを配置します、って公にやってやる」

ふっふっふ、とママは胸を張っていたけど
そのプランターは30基あって
春の花はもう枯れて
夏の花に入れ替えてて
さらにはコロナのせいで大勢で集まれないから
ママはコツコツと1人でやってる。
1丁目~5丁目まで散らばったプランターを
自転車に乗って移動しながら。

春の苗を片付け終わった奴。
さみしそう。

「そう思うから日々草を入れてるんだけど
 2苗入れてもまだ寂しそうなんだよ。
 4苗入れたら×30基で120苗必要で
 とても自転車で運びきれない、なんて言ってられないから
 往復してるんだけど、時間がかかる~」

ひー、と腕に冷湿布を貼っていた。

「さらには設置場所のつつじを抜いているのだ」

ほれ、と写真を見せる。

「枝を落として、」

「根っこを出して、」

「入れてみました」

おぉー
最初からそうだったみたいだ。

「そういう感じで、しれっと変えていきたいのよ。
 で、この後ろの看板が最高にダサいから
 それも治しちゃおうかと看板屋さんで見積取って
 土木事務所に道路占用許可の申請を書いて
 添付資料で地図と配置場所も書いて
 とかやることが多すぎて
 うーん、楽しい」

楽しいの?
死にそうじゃないの?

「そうだけど。
 いいじゃない、変わって行くって。
 それに関わっているって。
 お陰で余計な話も色々来るけど」

げー、とママは頭も肩も落とす。

全く。お店の方はどうなってるの?

「それもやってますー。
 トイレ工事の見積もり出してもらってるの。
 さぁ、何がどこまでできるか、いざ勝負の6月だな」

ひっひっひ、とママは目を細めていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. でっかちゃんのしっぽ

  2. 地震は怖いけど

  3. 歯磨きの仕方

  4. だれ?その2

  5. 忙しぶってるわけじゃなかった

  6. ぼくは、ひっそり日向ぼっこ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)