花壇の季節がやってくる

遅くになってママが帰ってきた。
パパはもう寝てたけど、
自転車が止まる音を聞いてぼくはママのお出迎えに玄関に行った。
ずいぶん遅いね、と文句を言って。

「ほんと、会議ってなんで夜やるのかしらね」

はぁ、とママは冷蔵庫からビールを取り出している。
付き合ってよ、とぼくのチュールもお皿に盛っている。

なんの会議だったの?
婦人部はこの前終わったし、班長会議はまだ先だった気がする。

「商店街の花壇の件。花壇と言うか表の通りのプランターを
 譲り受けた場合、どこで一時保管ができて
 どこに配置して
 維持管理の予算と方法とか。
 それに加えて道路の工事も始まるから
 一旦現行のプランターを避難させなきゃいけないんだけど
 もらうプランターも来ちゃうからさ」

ママは、はぁ、とため息をつく。

なにそれ。面倒な話。

「そうなのよ。
 今看板立てて使ってるプランターもあるから
 それを今後どうしようか、とか
 道路に物を置くと警察の指導が入るからうまい方法は、とか
 お店の人たちに仕事を優先しつつも関わってもらうには、とか」

ぐび、とビールを飲みこんでいる。
いつもはゴクゴクと喉を鳴らすのに。

「まぁ、ひとつづつ、丁寧に、だな」

と言うとママはビールを飲み干して、
なーちゃん、寝よう、とぼくを誘った。

そして朝、難しい顔をして出て行った。

ぼくの予想ではね、また泥だらけになって帰ってくるよ。
場所が無きゃ空けるまでだ、って人だからね。

もうママの花壇の季節はスタートした。
春が来る前に、春の準備をするって大変だね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. すっかり元通り

  2. 時の流れは うつりにけりな いたずらに わが身世にふる なが…

  3. 雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ

  4. 温かい場所を知っている

  5. すっかり写真の人になっちゃって

  6. コタツ戦争

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)